Silberdistelのハンドメイド生活


by silberdistel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

silberdistel家の日課

相変わらず寒い日が続いているスイスです。
最近ではマイナス気温がずーっと続いていたので温度感覚がマヒしてしまって0度とかでも”あっ、けっこう暖かいんだ~”と思ってしまいます。
今日もネイリストさんの所へ行く時に車の中の温度計が0度になっていたので”今日はけっこう気温高いな”と思っていました。
でもよく考えると日本にいた頃は私の実家のあたりで0度になんてなったら大騒ぎだったかもしれません。と、いうか0度になることはほとんどなかったかも。

今年から旦那ちゃま(と、私も...)のダイエット計画の一環として毎晩2人でウォーキングに行っています。今まで水泳とかにも行っていたことがあるのですが、着替えたり、シャワー浴びたりと水泳以外のことが面倒だったのと、スイスの屋内プールの水温は日本人の私には低すぎてヒェ~となっていたのでかえって身体に悪かったような気がします。でも昔は100mで死にそうになっていたのに今では続けて1km以上泳げるようになりました。また夏になったら復活しようかな♪

で、ウォーキング。
私の住むアパートは小さな山の上にあるのでそれなりに坂道もありますが2人でただひたすらてくてく歩き続け約1時間。だいたい4~5kmほどを歩いています。
アパートを出発する時はとても寒くて顔がこわばり、鼻水が出てもわからないくらい(笑)なのですが歩いているうちに身体がポカポカしてきてイイ感じ。
そして1週間に1度はスイス人の友達カップルとバドミントンに行ったりしてこれくらいが私達にはちょうど良いペースです。

この間やっとテレビを買った(引っ越してからリビングにテレビがありませんでした)ので日本から持ってきたWiiをつなげました。これで日本語のWiiを楽しむことが出来ます。ゲームをする時くらいドイツ語じゃなくて日本語でやりたいですから。
姉にWii Fitのソフトを送ってくれる様に頼んだのでもし雨が降りウォーキングに行けない時はWii Fitで頑張ります!

旦那ちゃま、15kg減量(!)が目標なんですがいったい何年先になるのやら。
私は...とりあえず3kgぐらいで許してもらいます。

あっ、ご心配をおかけしましたが血液検査の結果は異常は見られず健康体とのことでした。
3週間かかりましたが発疹もすっかり消えお肌も元通りです!

[PR]
by silberdistel | 2009-01-28 21:35 | 日常生活

ちょっと考え中。

3日ほど前に母から伯父(母の姉の旦那さん)の具合が良くないと連絡がありました。
78歳で3年ほど前からアルツハイマーを患っているのですが、身体はとても元気だった(1年半前炎天下50kmの道程・しかも国道を自転車で走っていったことがあります)のでビックリしました。
急に食事をしなくなったので伯母がかかりつけの開業医に連れていくと”今すぐ大きな病院に行ってください”とのこと。その後市民病院に連れて行き、検査をしたのですが大腸がんがお腹いっぱいに広がっているとのことでした。
もう78歳ですし、アルツハイマーも患っているので手術や延命処置などは一切しないことになりました。お医者さんからは”あと2、3日かも知れません。長くもって1ケ月くらいです”と言われたので入院などさせず、いつも通り家で過ごさせようと連れて帰ってきたそうです。

祖母(母の母)が12年半前に亡くなった時私はカナダに留学中でした。
しかもそのことを聞いたのは亡くなってから2週間後。

父方の伯父が1年半前に亡くなった時はスイス。
私は伯父に数えるほどしか会ったことはないのですがなぜか小さい時からとても可愛がってくれ、伯父が離婚をし(娘がいました)、再婚をすることになった時には”silberdistelを養子に欲しい”とまで言われたそうです。そしてその伯父の最期の言葉は”幸せな人生だったよ。でも1つだけ。silberdistelに日本に戻ってきて住むように言って。”だったそうです。
急だったので私は帰ることも出来ず。
あ~、外国に住むってことはこういうことなんだなと実感しました。

そして今度は母方の伯父。

それだけ自分も歳をとったということなのだろうけど、だんだん家族が小さくなっていくような気がして寂しいです。
特にスイスに来てからは日本にいる両親のことを何度も考える様になりました。日本に帰る度に”あと何度会えるのかな?”と思います。夜とても不安になったりすることもあります。

祖母が亡くなった時母が泣かなかったと言っていたので”お母さん、寂しくないの?”と聞いたのですが、”寂しいけどお母さんにはもう自分の家族がいるし。お父さん、お姉ちゃんやあなた、そして孫がいるからね。silberdistelも結婚をして子供が出来ればお母さんが死んでもけっこう平気で乗り越えられるものよ~。”と言っていました。
私だったら...きっと大泣きだろうな。
私は子供がいないので自分がまだ母の子供であるという感覚が大きいのかも知れません。

そして子供がいないという漠然とした不安。将来私はスイスでいったいどうなっていくのだろう。
旦那ちゃまが先に死んじゃったら(なぜか先にしてる...)一人ぼっちになって、スイス人と一緒に老人ホームに行くのかな...それはやっぱりツライ。
考えたらキリがないのですが最近こんなことばかり考えています。
夜私の隣でガオガオと怪獣の様なイビキをかきながら眠っている旦那ちゃまをウルサイな~と思いつつ、”でも私より早く死なないでね。寂しくなるから。”と一人思ってみたり。

私って実は暗い人間なのかしら...
そして今日もまた考え中。


[PR]
by silberdistel | 2009-01-21 10:08 | 日常生活

やっちゃいました...

会社のある日は5時前に起きて6時21分発の電車に乗ります。
早起きし、電車に乗っているとだんだん眠気が襲ってきて...
でも乗り過ごすといけないので頑張って眠らない様にしています。まあ乗り過ごした所で私が降りるところは終点から20分くらい前なのでまた反対の電車に乗って戻ってくればいいのですが、せっかく5時に起きているのですから。

でも今日の帰り。
とうとうやっちゃいました。いつもは旦那ちゃまの会社近くの駅で降り、旦那ちゃまが車でピックアップしてくれるのですが、今日は旦那ちゃまがチェコ出張でいないのでもう2つ向こうの駅で降りてそこからバスに乗る予定でした。

簡単に書くと、

朝はA駅まで旦那ちゃまに送ってもらう。
通常帰りはA駅より3つ手前の駅、B駅で旦那ちゃまが会社帰りに車で待っていてくれる。
でも今日は旦那ちゃまがいないのでA駅より1つ手前のC駅で降り、バスに乗ってアパート近くのバス停で降りるという予定だった...ハズ。

帰りだと思って安心したのか新聞を読むうちにちょっとウトウトし始めた私。
まだ降りる駅までは20分くらいあるからと思っていました。
で、ハッと目が覚めました。電車が駅で停まっています。
駅名は見えなかったのですが風景が私の降りなければいけない駅です(の様に思った)。
慌ててコートをつかみ電車から降りた私。周りの乗客は私の慌てぶりを不思議そうに見てました。

で、よーく景色を見てみると....
1つ手前の駅でした。ガーン。後ろを振り返ると電車はまだ停まっていましたがもう一度戻る勇気はなく(恥ずかしいもん!)、情けなく電車を見送る私。
仕方がないので次の電車が来るのを寒~い中で待ち、これまた予定していたよりも別の駅で降り、バスに乗ってなんとかアパートにたどりつきました。
ほんとバカ。はぁ...

明日は血液検査の結果を聞きに行きます。
発疹は痒みもおさまり、ずいぶん良くなりましたがまだ完全には消えていません。
どうか悪い結果じゃありませんよーに。


[PR]
by silberdistel | 2009-01-20 20:28 | 日常生活
仕事も始まり普段の生活を取り戻したSilberdistelです。
スイスは相変わらず寒く、今日の気温は比較的気温の高いボーデン湖畔の我が村でもマイナス8度。会社の辺りはマイナス10度でした。最近は最高気温でもマイナス3度とかなので、今週末は最高気温0度とか聞くと”わ~、暖かい♪”なんて思ってしまいます。
天気は本当は毎日ずーっと快晴なのですが、ボーデン湖畔はずっと霧・霧・霧で1日中真っ暗。
でも私が働いている場所は寒いけどお日様ニコニコなのでずーっと霧の下で働いている旦那ちゃまよりマシですね。

さて、2週間ほど前から出始めた発疹。
お腹の辺りは消えていったもののわき腹や背中はまだまだ治らず。
しかもどうしても痒くて我慢できず掻いてしまったりするので悪循環。
と、言うことでお医者さんに行ってきました。

スイスではまずホームドクター(普通は内科医)に行って診てもらいます。その後、必要であれば別の科をホームドクターより紹介してもらうような感じ。
まずホームドクターを探すのに一苦労。私の友達はホームドクターを探すのに10軒くらいのお医者さんに電話をしやっと見つけたそう。ほとんどの場合”新患は取っていません。”と断られてしまうのです。
日本みたいに熱が出たから診てもらおうと思ってもそうは簡単にいかず、必ず予約が必要。
でもその予約は当日には取れないことが多いんです。
私も3年前に蕁麻疹が出てどうしようもなくなっている時にホームドクターに電話をしたら”じゃ明日の夕方3時に来てください”と言われて、”今、痒いっていってるやーん!!”と暴れ、無理やりその日に診てもらいました。目にものもらいが出来て電話しているのに”1ケ月後に来てください”とか言われた人もいるくらい。
しかも休暇の季節になるとドクターが3週間とか平気で休暇に行っちゃうのでその間は病気になれません...

さて思いもかけずブラとパンツ一丁にさせられた私。恥ずかしくてもこの際仕方ありません。
心の中で”良かったおろし立てのパンツで...あっ、でもブラとパンツの色違う”などと思っていました(笑)。
ドクター曰く、”あちゃ~、かなり出ちゃってるね。麻疹(はしか)にしか見えないんだけど。ひょっとして君、子供の頃麻疹にかかってないの?まあアレルギーかも知れないし。でも悪い病気じゃないから。一応血液検査をしようね。”
ハイ、私、麻疹しておりません。ちなみにおたふく風邪も。水疱瘡についてはなんと20歳の時にかかりました。

その後尿検査と血液検査をしてもらい、アレルギーの薬と痒み止め薬用ボディシャンプーを処方してもらいました。血液検査は日本に帰国する度にしているので慣れているのですが、スイスでするのは初めてなので少しだけ緊張。
スイスでは少量の血液検査の場合、指先をホチキスみたいなものでバチンとやって血液を採取するのですが”指先なんて神経集中してるのに絶対痛い!”と思っていたので注射器での血液採取で安心しました。とても上手に採取してくれました。
1週間後に検査結果を聞きに行く予定なのですが悪い病気でないことを祈ります。

今、シャワーをして早速ドクターからもらったボディーシャンプーで身体を洗ってみましたが驚くほど痒みがひきました。いつもならシャワーの後は血の巡りが良くなって痒みが増してしまうのに。このまま良くなってくれればいいな...


[PR]
by silberdistel | 2009-01-13 23:22 | 日常生活
1月7日から9日まで2泊3日でMuenchenに行ってきました。
家から車で2時間30分ほど。ドイツアウトバーンを時速200kmくらいで行けば2時間以内に行けるのですがスイスの制限時速120kmアウトバーンに慣れている私はいつも旦那ちゃまに”お願いだからゆっくり行ってね~。怖い...”と言ってゆっくり運転してもらってます。
だって車線変更する時も後方から車が200kmとかそれ以上でビューンと飛ばしていくので怖くてたまりません。車間距離が十分あると思ってもあっという間に詰められてるし...

1日目はMuenchenもボーデン湖畔と同じHochnebel(日本語で何て言うんでしょう?高い所にある霧)で覆われてどんよりお天気。霧の上は快晴なのに...
でも2日目、3日目はとても綺麗な雲ひとつない青空。昼間でもマイナス5度とかですごく寒かったけどこんな綺麗な青空はしばらく見たことがなかったのでとてもハッピーな気持ちになりました。

f0186607_20471384.jpgf0186607_20473449.jpgf0186607_20475936.jpg












一番左の写真は市庁舎。素敵ですよね~♪
そして右の写真はお月様が幻想的で素敵だったので。

f0186607_2058939.jpgf0186607_20583095.jpgf0186607_20585129.jpg

2枚目写真の熊さん。私も是非使わせて頂きたいです・笑。
アイススケートは少しだけカナダにいた時、幼稚園のボランティア活動の際に一度だけ挑戦しましたが悲惨な結果に終わりました。

Muenchenは今までにも何度か来たことがあり、今回はこれをしたい!とかこれを見たいとかなかったのですが日本食品を購入し、日本レストランで焼肉、ラーメン、お刺身、天麩羅、カツカレー、餃子を頂き、日本人女性が経営する可愛いカフェでお茶をし大満足でした。f0186607_2165793.jpg
f0186607_2171365.jpgf0186607_2173824.jpg

こちらがtanpopoカフェ。オーナーさんだけでなく、働いている方は皆さん日本人女性で安心して美味しいパンやケーキが食べられますよ。皆様もMuenchenに来られることがあれば是非。

Maillingerstrasse 6
80636 Muenchen
Tel: +49 (0)89 52 05 57 57

また春になったら是非訪れてみようと思ってます。
すごーく大きなフリーマーケットがあり、ドイツのアンティークテキスタイルのお店が出るんですよ。

さて長い冬休みも終わり明後日から仕事です。
朝、ちゃんと起きられるのか心配...そして発疹もまだ完全には治っておりません(泣)。
でも頑張るぞ~!


[PR]
by silberdistel | 2009-01-10 13:18 | 日常生活

Ein gutes neues Jahr !

新年明けましておめでとうございます!
今年も皆様にとって良い年であります様に...


早いもので2009年になってからすでに4日が過ぎました。
11日までお休みなのでまだまだお休みモード全開のSilberdistel家ですがスイスはすっかり普通の生活に戻っています。
クリスマス前はあんなに賑わっていた町も平静を取り戻しました。

私はと言えば年末から原因不明の発疹が首から下の上半身に出来てしまい痒みと戦っておりました。発疹以外はピンピンでいつもと何ら変わらぬ生活を送ることが出来たのですが一体何が原因なのかが気になります。4年ほど前にも原因不明の蕁麻疹に何度か悩まされたことがあり、病院に行っても”まあストレスでしょうね~”と言われ、薬を飲みただひたすら痒みを我慢するだけでした。もし今回のものもそうだとすると...もしや、旦那ちゃまと2週間ベッタリの生活が私にとってストレスなのでは!?(笑)。
旦那ちゃまは絶対に違うと言い張っておりますが、たまたま珍しく(1年に1度あるかないか)旦那ちゃまが夕飯を作ってくれたその次の日から発疹が出始めたので”もしかして食あたり?”というのは彼も心配しているみたいです。

そしてまた今日も散歩。
これでもかというくらい散歩ばかり。でも本当にすることがないのです。
気温マイナス5度の中をてくてく、途中でGluehwein(グリューバイン・香辛料が入ったホット赤ワイン)を飲み、そしてまたてくてく。

f0186607_1353368.jpgf0186607_1366100.jpg






f0186607_1375226.jpgf0186607_1381220.jpg











この2枚の写真に移っているのは実は湖で夏はプールとして使用されています。
雪で覆われてしまっていますが小屋(更衣室)の前は湖!
2枚目の写真にはちゃんと飛び込み台が写っています。
ここには全部で3つの湖があり、それぞれ男性用、女性用、男の子用のプールとなっているそうです。

今週はひょっとしたらMuenchen(ミュンヘン)に3日ほど行くかも知れません。
家からだと車で3時間弱で行くことが出来ます。
でも身体がこんな状態なので様子を見なきゃいけませんね...ふぅ。

[PR]
by silberdistel | 2009-01-04 17:53 | 日常生活