Silberdistelのハンドメイド生活


by silberdistel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

滞在許可証(ビザ)

少し前の日記にビザがまだ届いていないと書きましたが、15日現在もまだ届いていません。
延長申請したのが6月24日。3週間が過ぎました。
説明文にはビザが失効する2週間前までに必ず申請すること、ビザは2週間以内に発行されると記載されていて、申請した時に市役所でも2週間以内に郵送されますからと言われました。

私のビザの有効期限は7月23日。これは結婚した日です。2004年に結婚し、今年でちょうど5年なので永住許可証が発行される予定。今までは仕事を失ったり、離婚をしたりした場合は3ケ月以内にスイスから退去しなければならないというBビザでした。私は仕事の為にスイスに来たので最初は仕事目的のBビザ、結婚した後は婚姻、仕事の両方のビザでした。なのでもし離婚したとしても仕事さえ続けていればスイスに住み続けることは出来たのですがやはり出来るものならば永住許可証が欲しいです。
私の場合、婚姻3年、スイスに在住5年という条件を満たしていたので2007年からすでにスイスパスポート(スイス国籍)を申請することも出来るのですが、日本が二重国籍を許可していない為申請していません。
それに日本のパスポートで困ることは一切ないし、日本国籍を失うなんて考えられません。

で、問題のビザ。
来週の水曜日からヘルシンキに行く為、ビザがないと不都合なことが起こるといけないと思い市役所に出向きました(今まではスイスの空港でビザのチェックをされることなどなかったのですが、スイスがシェンゲン条約に加盟してから空港でのビザのチェックが始まり、今年の4月に日本に帰った時もビザの提示を求められました。)。

”6月24日にビザの延長を申請し、2週間以内に届くと言われましたが、3週間経った今日もまだ届いていません。これが申請した時の証明書です。”と言うと、とてもスイスちっくな答えが返ってきました。

”私達(市役所)はちゃんと6月24日に外国人登録部署にまわしたわよ。今夏休み期間だからきっと仕事が進んでないのよ。(こんなことを自信満々に言うところがスイス人)”

”ええ、でもビザは届いていません。それに来週休暇で外国に行くのでビザがないと困るのですが。”

”100CHF(9,000円くらい)払えば再入国用のビザを発行出来るわよ、ザンクトガレンの外国人登録部署まで行けば。”

やっぱりそうきたか、スイスの役所。
でも私も負けていませんよ。だってスイスに9年も住んでるですもの。フッ、フッ、フ。

”ビザの延長を申請した時に新しいビザ代の100フランを支払っています。どうして期限内に正しい方法で申請したのにそちらが夏休み期間中だからと言って再入国用のビザ代を私が払わなければいけないのですか?”

しばらくの無言の後。

”わかったわ。ザンクトガレンの外国人登録部署に電話してみるから。”

そして...

”やっぱりまだビザは発行されていないみたい。でもちゃんと準備はしているからって言ってたわ。それと再入国用のビザは無料で発行してくれるそうよ(当たり前でしょ)。でも自分でちゃんとザンクトガレンまで行ってよ。”

相手側の不手際なのにどうして私がわざわざザンクトガレンまで出向かなきゃいけないんだとは思いましたが、まあこういう理不尽さにも慣れました。

”はい、わかりました。ありがとう。”

と、言うことで明日ザンクトガレンの外国人登録部署に行ってきます。
再入国用のビザが無料で問題無く発行されるかどうか乞うご期待!!

[PR]
by silberdistel | 2009-07-15 21:21 | 日常生活
私はスイスでは滅多に衣料品を買うことはありません。ほんとたま〜に靴を買うくらいです。
好みが合わないというのが一番ですが、値段の高さとサイズの問題も大きいです。
まあ大きさはヨーロッパ人に合わせて作っていると思うので仕方がないのですが、値段はビックリします。
ユニクロで買った方が品質も良くて、それでいて値段も半額以下みたいな。
なんでもないTシャツ(しかも2、3度洗っただけでヨレヨレになる)が平気で2,000円とかするし、日本なら百均で買えそうなごくフツーの靴下も1足800円とかします。

なので洋服は日本に帰った時にまとめ買いするか、オークションでハンドメイド作家さんから買っています。
当たり前ですがオークションは試着が出来ないのでけっこう勇気が必要です。今までのところそんなに大失敗をしたことはありませんが、最近の洋服のパターンってけっこう大きいのですね。私は身長が163cmほどあるし、痩せているわけでもないのでLサイズとか買ったりしてたのですが、実際に着てみるととても大きい!
最近はMサイズを買ってみたりするのですがそれでも大きかったりして。でも皆さんとてもステキな作家さんで、可愛らしいものばかりです。

ところで皆さんお薦めのハンドメイドインターネットショップってありますか?
ナチュラル系の洋服が好きなのでそういうものをたくさん置いてらっしゃるショップがあればと思いインターネットブラウジングをしているのですがコレといったものをなかなか自分では見つけられなくて。
もし"ここいいよ〜"というところがあればぜひぜひ教えてくださいね。

[PR]
by silberdistel | 2009-07-13 17:44 | 日常生活

危機一髪

母が6月中旬に送ってくれた荷物が3週間以上経っても到着せずとても心配していました。
いつも10日以内には到着しているのでもしかしたら税関でひっかかっているのかなぁ、ひょっとして別の国に行っちゃったのかなぁと心配していました。留守にしていることが多いので普段は配達不在の用紙がポストに入っているのですが今回はその用紙も届いていません。

特に今回はオークションで落札したステキな洋服とアクセサリーが何点か入っているので失くなってしまったらショック過ぎます。
水曜日の夜母に電話をしてこのことを伝えると母もビックリして"明日早速郵便局に聞いてみるね"と言ってくれました。SAL便だったので補償もつけていないし、追跡も出来るのかどうか不安だったのですが、さすが日本の郵便局!

"6月26日にチューリッヒに到着し、午前8時10分にはSilberdistelさんが住んでいる最寄りの郵便局に送られています。そして7月2日付で最寄りの郵便局からも保管中という連絡が入っていますよ。正確な郵便局名は残念ながらわかりませんが失くなったのではなくちゃんと着いていますから、一度最寄りの郵便局に聞いてみてください。"

急いで会社から自宅にいる旦那ちゃまに電話をし、考えられる2つの郵便局にすぐに行ってくれる様、お願いしました。スイスに到着してから2週間も経っているので早くしないと日本に送り返されてしまう可能性があります。
そして旦那ちゃまから会社に電話。

"あったよ、荷物。今日、日本に送り返す予定だったらしい。ギリギリセーフ。"

危機一髪。
なぜ今回は不在配達票がなかったのかはわかりませんが無事手元に届いて良かったです。
やっぱり日本のサービスはいいな〜と再確認しました。
同じことがスイスで起こってもこんなに早く正確な情報はもらえません。
"私、担当者じゃないからわからないわ。"と言われるのがオチ。
9年間住んで学びました。

あともう1つの心配事。
滞在許可証(ビザ)が届きません。2週間以内には届きますと言っていたのに。ふぅ。
今までは1年か2年毎にビザを更新しなければいけなかったのですが、今年は永住ビザがもらえる予定です。
更新手続きをした時にオリジナルのビザを渡さなければならなかったので今私の手元にあるのはコピーのみ。
私はドイツ、オーストリアの国境に住んでいるのでよく両国に買い物に行ったりするのですが、外国人である私は基本的にパスポートとスイスのビザの両方を携帯していなければいけません。
普段スイス国内にいる時はビザを携帯。
コピーに市役所が証明の為のスタンプを押してくれたので心配はないと思うのですが、やっぱり外国人にとってビザとパスポートは命の次くらいに大事なので今の状態は少々不安です。
きっと夏休みシーズンだから休みを取る人が多くて、人手が少ない(スイスではこれ当たり前です)のだろうと思います。でもやっぱり早く届くといいな。

[PR]
by silberdistel | 2009-07-10 19:19 | 日常生活

日々

先週は30度超えの日が続き、夜もあまり気温が下がらず寝苦しい日々だったのですが、今週に入ってスイスお得意のグズグズ天気。気温ももちろん急降下で最高気温20度前後になっています。
これぞスイスの夏って感じ。昨日まで35度だと思ったら次の日にはいきなり15度とかになってその後は"あれ、もう夏終わっちゃったの?"という日々が続きいつの間にやら短い秋になっているんです。
さすがに7月なのでまだ秋はやってこないと思いますが8月になれば日中は暑くても朝晩はグンと気温が下がる日々が多くなります。スイスの夏は本当に短いです。

まあ暑くても、寒くても私の日々はそれほどの変化もなく毎日淡々と仕事と家事をするのみです。
スイス人の"silberdistel〜、コピー機に紙が詰まったみたい!詰まりを直して〜。"とか"紙がなくなったから補充して"というワケのわからないリクエストにも慣れました。昔の私であれば全て引き受けていましたが、9年も経った今ではそうはいきません。
"紙が詰まったのなら自分でコピー機開けて取ってね"、"紙がなくなったのならコピー機のすぐ隣に置いてある紙を入れてね"と優しく(?)言っています。
と、言うか何で自分達でやらないんだろうと思って、"どうぞ自分で"と言ったら"え〜、自分達でやらなきゃいけないの〜?君の方が知ってるんじゃない?"なんて言われました。知ってるも何も紙が詰まればコピー機を開けて詰まっている紙を取り除く作業は私だろうが彼らだろうが同じことをするだけだし、紙を補充するのも私だろうが彼らだろうが同じ紙を同じ所から取ってきて入れるだけなんだけど。

スイスでは皆の為に良かれと思ってやっているとどんどんつけ込まれ、面倒臭いことは全てsilberdistelにまわせばいいやとなってしまいます。他の人が断っても何も言われないのに同じことを私が断ると嫌な顔をされたりも。やっぱり日本人ナメられてしまっているなと思うこともしばしば。
しかも日本の様な助け合いの精神はほとんどないので自分は助けて欲しいけど相手のことは助けないということがけっこう普通。だからスイスで生活していくにはそれなりに自分で割り切って強くなっていくしかありません。
これまでにも旦那ちゃまからは何度も"全部引き受けちゃダメ。ちゃんと断らないと。"と言われました。
でも日本人的にはそういう自分を受け入れることが難しいです。罪悪感を感じたり。

それでも色々な国の人(そう言えば昨日からスウェーデン人の大学生がトレーニングに来ています)と一緒に仕事を出来ることはそれなりに楽しいこともあるし、ほとんどの人は良い人なので9年近くもやってこれたのだと感謝しなければいけませんね。そうそうこの会社に勤め始めてもうすぐ丸12年。勤続10年のご褒美にと会社からお小遣いが出ました。2年遅れてのご褒美というところがこれまたうちの会社らしいです(笑)。3年後の勤続15年を目指して今日もまた戦い(?)続けるsilberdistelです。

[PR]
by silberdistel | 2009-07-07 18:00 | 日常生活

ヘルシンキ

7月22日から28日までの6泊7日でヘルシンキに行ってきます!
飛行機もホテルも早々に手配済み。こういう準備だけはとても早いsilberdistel家です。
ホテルは港沿いにあって毎日午後3時から8時までの間に無料でビール、ワイン、軽食のサービスがあるらしく物価の高い北欧では有り難いことです。旦那ちゃまも私も他のスイス人に比べると普段はお酒を飲まない方ですが、休暇でしかも無料となると飲んじゃいそう。もともと二人ともお酒は嫌いじゃないのですよ。

2年前旦那ちゃまの出張についてストックホルムに行ったことがあります。
旦那ちゃまはもちろん仕事だったので一人であちこち歩き回りました。ガイドブックで見た可愛い雑貨屋さん。
北欧雑貨ってやっぱり凄くステキで、それでもやっぱりお値段はステキじゃないので自分の中で一生懸命選んで何点かをレジに持っていって、張り切ってクレジットカードを出した私。カードリーダーを通した店員のお姉さんが一言。

"このカード使えないわよ。"

ガーン。スイスのクレジットカードなのにぃ〜!!!私の前にいた日本人カップルは日本のクレジットカードでちゃんと支払い出来てるのに同じヨーロッパ内で発行されたクレジットカードでは支払い出来ないという無念。
わかってるんです、本当は私のカードも使用できることを。でも長いスイス暮らしでヨーロッパ人相手に期待することが間違っていることもわかっているので大人しく引下がりました。それほど現金を持っていなかったので寂しく商品を元の所に返しに行きました。恥ずかしいやら悲しいやら。

なぜかわからないのですが、日本でもまれにスイスで発行されたクレジットカードを使おうとするとカードリーダーでひっかかることがあります。どうもカードリーダーの種類によっては承認番号が自動的に発行出来ない場合がある様です。でも日本では何も言わなくても店員さんがカード会社に電話をしてくれて直接承認番号を取ってくれるのでそのまま使えるのです。
しかもスイスのクレジットカードって日本でいうデビッドカードみたいな感じで請求がめちゃくちゃ早いです。
使用してから2、3日で引き落とされていることも多々あり、平均して10日くらいです。これって全然"クレジット"をくれていないと思うのは私だけ?
スイスの銀行にストックホルムで使用できなかった理由や、請求が異常に早いのはどうしてか尋ねたことがあるのですが、"いや〜、僕が決めてるわけじゃないし、わかりません。残高、ちゃんとありますか?"と平気で言った行員。これもまたスイス。議論するだけムダなので"残高はちゃんとあります"とだけ言い残しその場を去りました。
この教訓をふまえて、今回の旅には日本のクレジットカード2枚、スイスのクレジットカードの3枚立てで挑みます(笑)。

この旅行ではアンティークマーケット、野外博物館、かもめ食堂(今さらながらのですが)のモデルになったカフェに行くのも楽しみ。
ちなみにかもめ食堂の著者、群ようこさんの本はほとんど読んでいます。映画で主演された小林聡美さんやもたいまさこさんも大好きな女優さんです。残念ながらまだ映画を見たことがないのでDVDを買っちゃおうかなと考え中。
あと3週間の間にじっくりプランを練らなくちゃ。

[PR]
by silberdistel | 2009-07-02 05:19 | 日常生活