Silberdistelのハンドメイド生活


by silberdistel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Xデーはまだまだ

残念ながら(?)Xデーはまだまだみたい。
6月11日だったらいいのにな〜なんて勝手なことを思っている私。
でもこればっかりは私が決められることではないので仕方がないです。
もっと動かなきゃいけないのかなと思うのですが、仕事(あっ、でも今は週2日だけ)と家事だけでいっぱいいっぱいになっちゃってます。やっぱりこれも歳のせい?
会社で座りっぱなしだとお尻は痛くなるし、足も浮腫んでしまう。で、ちょっと張り切って歩いたりすると横っ腹が痛くなったりしてどうすればいいのかわかりません(泣)。
行儀悪いな〜と思いつつ靴を脱いで椅子の上であぐらをかいています。だってこればまだ一番楽チンな姿勢なんです。おまけに夜はなかなか眠れず、会社にいる時に限って恐ろしいくらいの睡魔が襲ってくるという悪循環。

でもここまでここまで大きなトラブル(豚インフルエンザにはなっちゃったけど)もなく無事に過ごさせてもらっているので本当は感謝しなければいけません。
私を支えてくれる皆さん、いつもありがとう!あともう少し、頑張ります。

[PR]
# by silberdistel | 2010-06-02 15:26 | 日常生活

旦那ちゃま帰宅

山篭りに行っていた旦那ちゃまが昨日の午後2時頃帰宅しました。
やけに早いな~と思っていたら、”一度も飛行機、飛ばせなかった...(泣)”ですって。
土曜日は天気はさほど悪かったわけではないけれど風が全くなく無理、日曜日は朝から雨。
結局皆でしゃべったり、カードゲームをしたりして過ごしただけだそう。
鬼嫁な私は”だから私の言った通り、家にいれば良かったのにぃ(なぜか少し嬉しそう)”
旦那ちゃまがいなかった間、少しドキドキはしましたが何とか無事に過ごせました。

先週は”夏到来!”の様な感じのスイスだったのにまたもや週末からスイスお得意グズグズの天気になり一気に気温もさがりました。32度だったのがいきなり17度みたいな。10年近くスイスにいてもこの気温差にはなかなかついていけず、体調もイマイチ。散歩にでも行って気分転換しようかな~なんて思ったりもするのですが怠け癖と散歩中に何かあっても困るし~(完全な言い訳)と思って会社に行く以外は完全なお篭り状態の私。本当はもっと動いた方がいいのだろうな...

もうすぐくるはずのXデーにちょっとドキドキ、でも歳を取っているせいか変に落ち着いている私もいます。
旦那ちゃまの方がドキドキみたいで”どうする?どうする?”なんてわけのわからないことを毎日言ってきます。”どうする?”って言われてもねぇ。とりあえずドーンと構えてるしかないんじゃないの?とか言いながら何日か後にはギャーギャーうるさい私がいる様な気も。
さっ、今日もハーブティーを飲んでズボラな1日を過ごします(笑)。

[PR]
# by silberdistel | 2010-05-31 09:17 | 日常生活

まだ働いているの?!

最近"まだ働いているの?!"と同僚に驚かれることが多くその度に"本当は家でゆっくりしたいのだけど。"と心の中でつぶやいている私。
お国変われば色々と事情が違うのは当然ですが、隣国のドイツやオーストリアの制度がちょっぴり羨ましかったりして。まあ"ないものねだり"をしても仕方ないですね。
"会社で何かあったらどうするの〜"と心配してくれる優しい同僚達。"その時はあなたが病院に運んでね!"なんて冗談を言っていますが、本当に何かあったらどうするんだろう、私。私の通っている病院までは会社から高速で約1時間ほどなのでまあ大丈夫だと思うのですが、まず会社から旦那ちゃまの働く町までは誰かに連れていってもらわなければいけません。うーん、もうちょっと危機感を持った方がいいのかしら?(笑)
母からは"一体、いつまで働くの〜?"と電話をする度に聞かれてます。心配かけてゴメンね。

だけど、なんと旦那ちゃまは私を一人に明して明日から1泊2日の泊り掛けで山に遊びに行くそう。
ラジコン飛行機(すごーく大きいやつです。3mとかあったりします)に凝っていてクラブにも入っているのですが(ちなみにシューティングクラブにも入ってます)、そのクラブのメンバーで飛行機を飛ばしに行くそうです。
去年も一昨年も8月には1週間山篭りしてました。さすがに今年は私の機嫌をうかがって参加しないようですが。
今回は3月くらいに"行ってもいい?"と聞かれ、"え〜、やっぱり不安だからせめて日帰り(日帰りできる場所です)にして。"とお願いしたにも関わらず、いつのまにか泊まりで参加にしていた旦那ちゃま。
義理両親が止めてくれるかな〜なんて淡い期待を抱いていたのですが、"じゃ、私たちも見に行く!"なんて張り切っているのでダメだこりゃ状態。
旦那ちゃまも義理両親も何かあったら携帯に電話してって簡単に言うけど、前も山篭りの時電話したけど電波届かなかったり、携帯の電源を切ってたりしたや-ん!!(泣)
"何かあったら一生忘れないからね!(怒)"の私です。怖いですか?
しかも7月初旬にはこれまた泊り掛けでシューティングのお出かけをすると行っている旦那ちゃま。いい加減にして。
母は"スイスに行こうか?"と何度も聞いてくれますが、"大丈夫、旦那ちゃまもいるし。何とかなるよ!"と答えてるのに、これじゃあね。ふぅ。
まっ、でも仕方ないから頑張ろう!(って、何を?)

[PR]
# by silberdistel | 2010-05-28 08:48 | 日常生活

あともう少し

ここ最近"あともう少し"と思いながら過ごしています。
長かった様で"あれ、もう?"と、思うのだけれど体調が少しでもすぐれなかったりすると"あ〜早く終わってくれないかなぁ"なんて自分勝手なことを思ったりして。
2週間前から仕事も週2日に減らしてもらって楽してるハズなのに。

スイスでは体調が悪かったり、ケガをした時など自然療法みたいな感じでハーブティーを奨められたりすることが多いです。"え〜、そんなので治るの?"なんて思ったりもするのですが。
知り合いの日本人から聞いた話によると癌を病った義母にしきりとハーブティーを奨めていた家族。唯一彼女だけが"やっぱり病院できちんと診てもらって薬が必要であれば頼ることも大事じゃないの?"と訴えていたらしいのですが、聞き入れられず。その後、お義母様はみるみるうちに弱ってお亡くなりになったそうです。もちろん現代医学、薬に頼ったところで同じ結果になっていたかも知れないし、もしかしたらもっと短い間に逝ってしまわれたかも知れませんが、程度ってものがあるのではないかと彼女や私は思ったのです。
私の友達も出産後、腰が痛くて痛くて仕方がなかったので訴えたところ、"ハーブのお湯に痛い所を浸せば良い"と言われ"え〜?!"と思いつつ2、3日続けてみたけれど良くなるどころか悪化の一途を辿り、揚げ句の果てには自分で立ち上がることも出来なくなり、夜中に救急車で運ばれました。その後、救急車の代金1,500フラン(13万円程)の請求書が届き、ダブルパンチな気分だったそうです。恐るべし、スイス。

なんてことを言いながら今そのハーブティー療法をしている私。
療法と入ってもラズベリーのリーフティーを1日に3度ほど飲むだけなのですが。
筋肉が柔らかくなり、骨盤の動きを良くし、利尿作用があるらしい(利尿作用はお茶ならばだいたい総べてのものに言えると思います)。あと鍼も良いそうなので試してみようかな。
結局スイス様式に流されていっている(笑)。
一応出来る限りのことはやってみま-す。

[PR]
# by silberdistel | 2010-05-21 10:12 | 日常生活

私も被るから...

旦那ちゃまが欠かさず観るF1(フォームラ・ワン)。
予選走行の日からずーっと観てます。一体何が面白いんでしょう。
10年ほど前、旦那ちゃまが仕事で日本に来ている時、無理やり鈴鹿サーキットに連れて行かれました。
私にしたらウルサイ轟音と共にすごいスピードで車が走り去って行くだけのイベントなのですが、旦那ちゃまはわざわざスイスのパパにまで”今、実物観てるよ~♪”と電話してました。

で、F1と言えばヨーロッパではいつも”ニキ・ラウダ”さん(F1の元レーサー。レース中の事故で瀕死の重傷を負いましたが今は解説者)が解説者で出るのですが、このラウダさんの被っている真っ赤な帽子というのが私の働いている会社の帽子です。確か3年ほど前から彼と契約をし、年間1億円ほどの契約費を払っていると思います。2週間に2日間(予選及び本番)、数時間被るだけで1億円。ウーン。もちろん宣伝の為ですが社員としては残念ながら今のところその効果を感じたことがありません。世界全体がこの様な状況なので宣伝が上手くいっていないとかそういう問題でないのはわかっていますが、下層(笑)の方で毎日一生懸命働いている社員としてはちょっとツッコミを入れたくなったりもします。


チューリッヒ空港でも飛行機から降りて、パスポートコントロールに向かっていくと壁全面が真っ赤(うちの会社のイメージカラー)に塗られていて会社の名前がドーンと書かれているので日本から戻ってくる度に”ああ、休暇終ったんだな..."と現実に引き戻されて切なくなったり(涙)。
これまたきっとスゴイ契約費を払っているんでしょうね。

で、会社に言いたい!
私、毎日帽子被りますよ~。何なら日本に帰った時も。
もちろんラウダさんやチューリッヒ空港と私とでは宣伝効果も違うでしょうから”1億円ちょうだい!!”とは言いません。少~しだけ給料上乗せお願いします。こう思っている社員はきっと私だけではないハズ...

[PR]
# by silberdistel | 2010-05-09 12:59 | 日常生活