Silberdistelのハンドメイド生活


by silberdistel
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

エネルギー補充の仕方

実に2ケ月ぶりのブログ更新になってしまいました。
2010年になってから早2ケ月が過ぎ、もう3月。
スイスも今週はずいぶん春らしい陽気になり、最低気温も5度前後、最高気温は15度くらいまで上がることもあります。でもこうやって油断していると危ない、危ない。毎年3月にもけっこうな雪が降りますから。
私は1月20日にスイスに戻ってきて次の日から相変わらずな日々を送っています。
体調もずいぶん良くなり、元気満々とまではいかなくても普通(笑)に元気です。

3週間ほど前からアジア人(国名を記載すると特定されてしまうので)の同僚男性が会社を休んでいます。
会社だけでなくプライベートでも色々と大変なことがあるらしく少しばかり精神的に疲れてしまった様で医者から4週間の病欠診断書をもらいしばらくの間療養の為、母国へ帰国するとのことでした。
今朝、彼が所属するチームの一人(スイス人)が私の所へ来て、"彼、母国へ帰ったらしいけどそんなんどこにいたって同じでしょ。しかも彼はドイツやアメリカに住んでいたこともあるんだからわざわざ母国に帰らなくてもいいのに。母国に帰ったところで問題が解決するわけじゃないし。"と、言ってきました。

まあ彼の言うこともわかります。確かに母国に行ったからって問題が解決するわけじゃありません。どこにいようが自分で解決するしかないと思います。
でもやっぱり外国に居住し、地元企業で働いた経験のない人に簡単に"わざわざ母国に帰らなくても"と言われると悲しくなってしまいます。たとえ問題が解決しなくても何て言うんでしょう、ホッとくつろげる所に帰りたいこともあるというか。耳を澄し、神経を集中させなくても自然と理解出来る会話、同じ文化的バックグラウンド持った人たちがたくさんいる場所で過ごすことがどれだけ心を助けてくれることか。
"でも彼にとって母国は母国よ。ドイツでもスイスでもアメリカでもないの。"と言う私に"まあそうだけど、アジア人男性は弱っちいね〜。"だって。まっ、確かに、女性の方が心は強いかもね、結局。
でも私は知っている、日本に出張に来ただけでお腹をこわしたり(食べ物のせいではありません)、彼女に会いたいと泣きながら出張終了前に帰っていったスイス人達を。

私はスイスにきてもうすぐ10年。
それでも年に1度は必ず長期の里帰りをします。なんか我慢大会?みたいな感じで"私はこんなに日本に帰っていないのよ!"とか、"そんなに日本に帰って嬉しいの?"とか言う日本人の人もたまにいますが、本人が良ければそれで良しということではダメですか?エネルギー補充の仕方は人それぞれだと思うんですよね。
私の知り合いの中には"スイスは最高よ。スイスに永住することは全然問題ないわ。"と言っていたにも関わらず、実は彼女がスイスに生活に耐え切れず旦那さま(日本人ではありません)が会社を辞め日本に移住したというパターンもあります。やっぱり人の心は他人にはわからないし、自分の物差しで計るのは無意味なことだと改めて思いました。

[PR]
# by silberdistel | 2010-02-25 10:33 | 日常生活

帰国早々...

皆さん、こんにちは♪
12月10日に無事日本に到着しました。
成田で1泊し、翌金曜日に成田から名古屋へブーンとひとっ飛び。
空港から船で帰ろうとしたら悪天候の為、欠航。
名古屋経由の近鉄電車で帰ってきました。

がっ....
なんと私、帰国早々”豚”にやられてしまったらしく、人生初めての入院生活を送っておりました。
先週の火曜日から微熱があり、水曜日の朝37度6分に。
気分はそんなに悪くなかったのですが、念の為内科を受診し、検査をしたところ”あ~、バッチリA型出てますね”と。
スイスからタミフル持参(ちなみにタミフルはスイスの薬ですよ)だったので、”じゃ、タミフル飲んで休んでください。”と言われ、”あ~、やられちゃったか”くらいに軽く考えていた私。

その後市立病院で別件の診察予約をしていた為、市立病院の先生にそのことを伝えると”大事を取って入院しましょう。”といきなり言われ、”え~!!マジですか!”。
あれよ、あれよという間に病室に連れて行かれ(他の人にうつしてしまうといけないので個室です)点滴されました。入院したものの、その後はずーっと平熱。病院にいる間はずーっと点滴をしていたのですが、点滴をすると気分が悪くなり戻す始末。
しかも病院食があまりにもひど過ぎて(ちなみに母は”鳥のエサ”と言っておりました)ほとんど何も食べられず、朝4時半に母が買ってきてくれた和菓子をこっそり食べていました。
先生からは1週間くらい入院する様にと言われていましたが病院にいる方がどうにかなってしまいそうだったので先週の土曜日に3泊4日で退院。

でも人生初めての入院生活の理由が”豚”だなんて。
旦那ちゃまに言ったら”豚が豚になったんだからいいんじゃないの・笑”なんて言われました。
ちょっとくらいは心配しろ~!!

来週には旦那ちゃまもやってくるのでしばらくの間、外出も控え家で大人しく過ごしたいと思います。
皆さんもお気をつけくださいね。

[PR]
# by silberdistel | 2009-12-21 14:39 | 日本滞在生活

お土産

日本への帰国が10日後に迫ってきました。
毎度の事ながらお土産の準備。
と、言っても”何にしよう~?”などと頭を悩ませる必要もなく...
”スイスチョコレート”で決まり。

正直、私はスイスチョコレートがあまり好きではありません。甘すぎるのです。
もともとチョコレート大好き人間ではないですが、日本のさっぱりした甘さのチョコレートの方がスイスチョコレートよりも好きで、チョコレートが食べたい時はわざわざ日本の3倍くらいの値段がする”ポッキー"(なんとスイスでは”MIKADO”みかど”という名前)を買って食べたりしているくらいです。
でも日本の家族や友達はスイスチョコレートをとても美味しいと言ってくれて、喜んでくれるのでいつもお土産はコレ。

昨日、仕事帰りに旦那ちゃまとスーパーマーケットに行って買ってきました。
カートに入っているのはチョコレートのみ。
ものスゴイ量のチョコレートで、レジの人も笑ってました。お値段なんと25,000円也。
でもたまたま昨日は全てのお買い物10パーセント割引だったので2,500円引いてもらって22,500円。
スイスは全体的に物価が高いのでチョコレートもいいお値段がするのですが、それでも25,000円って。
でもこれは私が日本に持っていく分で、後から来る旦那ちゃまがまた追加で買ってきてくれます。

チョコレートって小さくても結構な重さがあるのでいつも日本に帰る時のスーツケースはチョコレートのみで15kg程。自分の荷物は2kgくらいで、残りはスーツケースの重さで合計20kg。
今回は30kgの荷物を持って帰ることが出来るので20kgくらいがチョコレートかも・笑。
もし日本の税関で”スーツケース開けてください”なんて言われたらきっと係員の人、驚くと思います。

特に今はクリスマスシーズンでチョコレートのパッケージなんかもクリスマス仕様になっていて素敵なんですよ。まあ日本で待ってくれている人はパッケージなんかより中身が大事なんでしょうけど。
皆さん、楽しみに待っててね~!

[PR]
# by silberdistel | 2009-11-28 22:46 | 日常生活

カヤの外

昨日の午前11時頃。
いつも通り仕事をしているとやたらパトカーや救急車のサイレンが聞こえてきます。
私が働いているオフィスはメイン通りに接しているので、"あれ〜、また事故か何かあったのかな?"と思い同僚と窓から外を覗いて見るも事故が起こっている様子もなく。
うるさいな〜と思いながらそのまま仕事を続け、日本人の同僚がお昼を誘いに来てくれたので社食に行きました。
社食からは会社の駐車場が良く見えるのですが、驚いたことにパトカーが2台、救急車が2、3台、消防車1台、エマージェンシードクターの車が2、3台停っていて200人近くの人が駐車場の端っこに集められ明らかに避難している様子。建物の中にいる私たちは何が起こったのかもわからず、"え〜、何これ、どうしたの?"とザワザワするのみ。会社からも何の連絡もありません。しばらくすると、酸素マスクをした同僚や、担架に載せられた同僚が現れ、挙げ句の果てには何と"Rega"(スイスの有名なヘリコプター救助隊)までやってきて会社の前の牧草地に着陸。

何が怖いって何もわからず建物の中に閉じ込められている(?)私たちの対して会社が全く情報を与えてくれないこと。私の会社で扱っている装置は危険なガスを使用することもあるのでガス漏れとかだったらすごーく怖いのです。避難する同僚がいる一方で何もわからず社食でランチを取っている私たち。スゴ過ぎませんか?
社食から見ている感じでは"建物の中に入らないでください。"と言われている様で避難した人たちはなかなか入ってきません。30分ほどしてやっと避難していた人たちが社食にやって来たので何が起こったのか聞いてみたら、"XXラインで火災が発生して直ぐに消し止められたんだけど、何人かの人が煙で気分が悪くなったらしくて私たちも避難させられた。"とのこと。

で、私たちは???私たちは何の連絡もなくほおっておかれたけど。
せめて"あなた達は安全ですから避難しなくても大丈夫です。"くらい会社として言って欲しいものです。
何が起こったかわからない方が余計パニックになる(まあなっていませんでしたが)と思います。
でもこの会社で働いてもう12年になる私。"この会社ならまあこれ(何の連絡もないこと)が普通。自分の身は自分で守らないと。"と再度確認をしたのでした。

その後、正式に会社から発表があったのは午後6時。ってもう皆、帰ってるや-ん、みたいな。
私はたまたま残業をしていたのでメールを読みましたが、遅すぎると思います。
警察の広報担当も来ていたのできっと今日の新聞のどこかにはきっと載っているんでしょうね。

[PR]
# by silberdistel | 2009-11-24 17:35 | 日常生活

少しだけ復活の兆し?

10月中旬から少しだけ体調を崩していました。あっ、ちなみに新型インフルエンザではありません。
と、言っても会社にも行っていましたし、"寝込む"ということではなかったのですが。
まだまだ万全な体調ではありませんが、ほんの少〜しだけ復活の兆しが見えてきた様な気がして嬉しいです。
あと2週間ほどで日本に帰国する予定なので長時間フライトに備えて体調が戻ってくれることを祈ります。

スイスでも先週から新型インフルエンザの接種が始まりました。
お国柄、日本ほど騒がれていませんが軍隊や学校などで集団感染などが発生している様です。
ワクチンはまだ全部の州に行き渡っておらず、日本と同じで妊婦さんなどが最優先と聞きましたが、全国民数(700万人かな)の2倍のワクチンを確保しているとの噂なのできっと大丈夫なのでしょう。
ちなみにうちの旦那ちゃまは妊婦でもないのに早速先週の火曜日に接種してもらうことが出来ました。
何を思ったのか最初"産婦人科"に電話をして"妊婦さんだけです"と断られたそうな。そりゃそうだ。

日本にいる私の姪っ子は本当は今日から沖縄へ修学旅行に行く予定だったのですが、なんと先週の金曜日から新型インフルエンザにかかってしまいました。ちょうど先週の水曜日に新型インフルエンザの予防接種を受けたばかりだったのですが。
今日はもう平熱に戻り元気にしているみたいなので安心しましたが中学最後の思い出だったのに可哀相です。
私も気をつけなきゃ。皆さんもお気をつけくださいね。

11月は体調を崩していたこともあってオークションにも参加出来ていないのですが、これから日本に帰るまでの間、体調が良ければお得なクリスマスセットなど少しずつでも出品したいと思っています。日本滞在は約6週間の予定なのでその間にも出品出来る様、ある程度の商品は持って帰国するつもりですのでよろしくお願いします。

それではお久しぶりの近況報告でした。

[PR]
# by silberdistel | 2009-11-23 18:07 | 日常生活