無事終了~

2日前にドクターからもらった注射。
冷蔵庫の中に保管しておいてね!と言われたのでその通りにしていたのですが冷蔵庫を開ける度に私を待っている注射。冷蔵庫の中に置いてあるものなのに全然美味しそうじゃない!!

私は血液検査や点滴(血管注射系)、歯科の注射は全然平気なのですが、皮下注射は大・大・大嫌い!
しかも腕とかにする筋肉注射なんて絶対ヤダ~って言うくらい。
皮下注射なんて一体何年ぶりでしょう。小学校6年生の時にジフテリアの注射をしたのが最後ではないかと...
しかもそのジフテリアの注射がと~っても痛かった覚えがあるのです。

会社にいる間も一刻一刻と迫ってくる注射の時間が気になり、このまま家に帰らずに逃走しようかと本気で考えていました(恥)。
でもまさかそういうわけにはいかず。

19時前に帰宅し昨日から準備をしてあった食事をし、キッチンを片付け終わった後は恐怖の注射。
旦那ちゃまが”じゃ、手洗ってくるからベッドに横になってて。”
もうここからは旦那ちゃまに身をまかせるしかありません。
お腹を出し、”絶対痛くしないでね!痛くしたら怒るよっ!!”と無理なことを言いながら迫り来る恐怖に耐えるのみ。お腹を消毒され、脂肪(!)をつままれプスッと。

でもこれが拍子抜けするくらい痛くなかったです。
ゆっくり薬を入れていくのでけっこう時間がかかった(でもきっと4、5秒なんでしょうね・笑)のですが、あまりにもアッサリ過ぎてびっくりしました。
よほど脂肪がビッシリとついていたのでしょうか...
旦那ちゃまに”ねえねえ、どれくらい針入れたの?”と聞いたら”全部”。
たかが1.5cmくらいの針ですがでもその針全体が私のお腹に刺さったんだと思ったら、やっぱり私はすごい脂肪の持ち主かと思いました。

記念に...
こちらがその注射。

f0186607_483982.jpg


あまりにも小さすぎて皆さん、笑っちゃうかも知れませんがいくら小さくても注射は注射。
やっぱり私は好きにはなれませ~ん!


[PR]
by silberdistel | 2009-02-19 20:12 | 日常生活